拡張設定

一括配信の動作方法の詳細に設定をします。

受信と保存
キーワード
クリーニング
BCC送信
送信エラー
ホスト検査
OLEDB
起動時
 

■受信と保存

配信エラーの通知メールの受信方法とそのメールの保存について設定します。
受信と保存

コマンドボタン及び項目の内容

最大行数メールを受信する時に最大何行までにするか設定します。
配信エラーの通知メールは 100 行程度受信すれば判別できるので、
通常は 100 を設定します。
なお、0 にすると全行を受信します。
配信エラーの通知メールは
受信後サーバーから削除
差出人宛てに届いたメールの内、配信エラーの通知メールと判断
されたメールをサーバーから削除します。
配信エラーの通知メールを
保存する
差出人宛てに届いたメールの内、配信エラーの通知メールと判断
されたメールをローカルPCに保存します。
保存先フォルダー配信エラーの通知メールの保存先フォルダー
フォルダー選択保存先フォルダーを選択する

>> ページ先頭に戻る
 

■キーワード

配信エラーの通知メールと判断する為のキーワードを設定します。
メールの件名に特定の文字列(キーワード)が含まれていれば配信エラーと判断します。
キーワードの設定

コマンドボタン及び項目の内容

追加するキーワードキーワードとして追加する文字列
大文字・小文字は区別しません。全角・半角は区別します。
キーワードの追加 [追加するキーワード] 欄に入力した文字列を [キーワード] 欄に追加します
キーワードを削除 [キーワード] 欄で選択した文字列を一覧から削除します
標準のキーワードに戻す [キーワード] 欄の内容を標準のキーワードに戻します

>> ページ先頭に戻る
 

■クリーニング

送信完了後、配信エラーがあったか確認する為に、差出人宛てに届いたメールを受信します。
配信エラーの通知メールが差出人に届くのに、早いものは数秒で届きますが、遅いものは1時間以上かかることもあります。
(備考)配信エラーとは、「相手先のメール受信サーバー(郵便局)までは届いたが、宛先不明等で相手の郵便受けまでは届けられなかったメール」を一括配信では配信エラーと呼びます。
(注)送受信中は、他のメールソフトで送信サーバー・受信サーバーに差出人で設定したアカウントでアクセスしないで下さい。配信エラー処理の為の受信が出来なくなります。 なお、差出人以外のアカウントにアクセスするのは問題ありません。
クリ−ニングの設定

コマンドボタン及び項目の内容

10分後送信完了して10分後にメールを受信し、配信エラーがあったか確認する
30分後送信完了して30分後にメールを受信し、配信エラーがあったか確認する
1時間後送信完了して1時間後にメールを受信し、配信エラーがあったか確認する
2時間後送信完了して2時間後にメールを受信し、配信エラーがあったか確認する

>> ページ先頭に戻る
 

■BCC送信

送信するメール全てにBCCで宛先を追加します。
BCCで指定されたメールアドレスには全てのメールが送信されますので、十分な受信容量を持つアカウントが必要です。
BCC送信の設定

コマンドボタン及び項目の内容

メールアドレスBCCで追加するメールアドレス

>> ページ先頭に戻る
 

■送信エラー

送信エラーが起きた場合の処理方法を指定します。
(備考)送信エラーとは、「差出人のメール送信サーバーでメールを送信しようとしたがエラーとなったメール」を一括配信では送信エラーと呼びます。
(注)送受信中は、他のメールソフトで送信サーバー・受信サーバーに差出人で設定したアカウントでアクセスしないで下さい。送信が出来なくなります。 なお、差出人以外のアカウントにアクセスするのは問題ありません。
送信エラーの設定

コマンドボタン及び項目の内容

再送信のリトライ回数送信エラーとなった場合のリトライ回数 ( 1 〜 8 )
リトライする場合は、次の時間待ってから再送信します。
  リトライ1回目: 0.5 秒
  リトライ2回目: 2.0 秒  (合計待ち時間 2.5秒)
  リトライ3回目: 4.5 秒  (合計待ち時間 7.0秒)
  リトライ4回目: 8.0 秒  (合計待ち時間 15.0秒)
  リトライ5回目: 12.5 秒 (合計待ち時間 27.5秒)
  リトライ6回目: 18.0 秒 (合計待ち時間 45.5秒)
  リトライ7回目: 24.5 秒 (合計待ち時間 70.0秒)
  リトライ8回目: 32.0 秒 (合計待ち時間 102.0秒)

(※) リトライでもエラーだった場合、そのメールアドレスを記憶しておき、
最後に、そのアドレスにもう一度送信を試みます。(Ver2.1 より)
再送信でもエラーになった場合
次の宛先の送信を継続する
チェックした場合は、次の宛先の送信を行います
チェックなしの場合は、送信処理を終了します。
送信エラーが連続した場合
送信サーバーを切り替える
リトライしても送信できなかったメールが指定回数連続した場合、
次に使用可能な送信サーバーに切り替えます。
0件を設定している場合は、切り替をしません。
また、使用可能な送信サーバーが1つだけの場合は、切り替をしません。

  なお、連続送信エラーが起きた送信サーバーは、次回送信時に回復の為に
5分間の休止時間をおいてから送信します。それでも連続送信エラーがあった
場合は、5分追加し10分間休止します。以降同様に5分単位で追加します。
連続送信エラーが回復した場合は、この休止時間を0に戻します。

連続送信エラー発生時の動き
タイトルバーに「送信エラー回復の為、休止」の表示と残りの休止時間を表示します。
送信メッセージ欄に休止時間を表示します。

連続送信エラー発生時の動き

(備考) smtp1 とは、「送信サーバー1」 の意味です。同様に smtp2 は、「送信サーバー2」

>> ページ先頭に戻る
 

■ホスト検査

宛先のメールアドレスについて、そのホスト名がインターネット上に登録されているか調べます。
ホスト名とは、メールアドレスの @ より右側の部分です。
ホスト検査の設定

コマンドボタン及び項目の内容

宛先選択画面で
登録されているか確認する
宛先選択画面で送信先選択時に
メールアドレスのホスト名が登録されているか調べます。

>> ページ先頭に戻る
 

■OLEDB

EXCELファイルの読み書きにOLEDBプロバイダーを使用するか設定します。
(注)この項目を変更した場合は、一括配信を再起動して下さい。
OLEDBの設定

コマンドボタン及び項目の内容

32bit環境では
OLEDBプロバイダーを使用する
32bit環境では、EXCELファイルの拡張子に応じて次のプロバイダーを
使用して読み書きします。
  .xls  の場合 Microsoft.Jet.OLEDB.4.0
  .xlsx の場合 Microsoft.ACE.OLEDB.12.0
64bit環境では、この項目は入力不可になります。
なお、32bit環境でOLEDBを使用しない場合と64bit環境の場合は、
EXCELを使って読み書きします。

※32ビットOSで ACE.OLEDB.12.0 がインストールされていない場合は、マイクロソフトのサイトよりダウンロードしインストールして下さい。
2007 Office system ドライバ: データ接続コンポーネント (AccessDatabseEngine)

>> ページ先頭に戻る
 

■起動時

一括配信の起動時に、前回選択した本文ファイルや宛先ファイルを読み込むか設定します。
OLEDBの設定

コマンドボタン及び項目の内容

都度、ダイアログを表示し
読み込むか否かを指定する
前回、本文ファイルと宛先ファイルを選択していれば、そのファイルを読み込むか
指定できます。一括配信を最初に起動した場合は、まだどちらのファイルも選択
していませんので、ダイアログは表示されません。
自動的に読み込む ダイアログは表示しないで、自動的に本文ファイルと宛先ファイルを読み込みます。
読み込まない 本文ファイルも宛先ファイルも読み込みません。

※[メール本文ファイル] や [宛先ファイル] の内容は変更していても読み込みます。
  但し、ファイルのパスやEXCELの対象とするシート名と列名は変更しないでください。。

>> ページ先頭に戻る

■拡張設定画面の共通コマンドボタン

設定を保存受信と保存 〜 起動時 の内容を保存する
閉じるこの画面を閉じる
この画面の説明この画面のヘルプを表示する

>> ページ先頭に戻る