ヘルプ 目次ページ
準備編
基本編 本文がテキストのメール
基本編 本文がWordのメール
基本編 本文がExcelのメール
基本編 本文がHTMLのメール


メイン画面

>> コマンドボタン
>> メニュー

メイン画面

メールを送信するには、最低限次の操作を行います。
@アカウント設定 (一度設定すれば保存されます) ツール(T) → アカウントの設定(A)
A宛先設定 [宛先]ボタン
B本文設定 [本文]ボタン
C送信 [送信]ボタン

 
■ コマンドボタン

宛先ファイルの選択メールの宛先一覧ファイル(Excel, CSV)を選択します。
本文ファイルの選択メールの本文ファイル(Text, HTML, Word, Excel)を選択します。
本文の1行目を件名にするメール本文がTextの場合、1行目をメールの件名にします。
共通添付ファイルの選択全てのメールに共通して添付するファイルを選択します。
送信内容を1通毎確認メール送信の前に、個々の送信内容の確認をします。
送信中止メール送信を中止します。
送信開始宛先ファイルで指定したメールアドレスに個別に送信します。
クリーニング予約の解除配信エラーのクリーニング予約を解除します。
受信中止差出人宛てに届いたメールの受信を中止します。
受信開始差出人宛てに届いたメールを受信し、配信エラーのチェックをします。
この画面の説明この画面のヘルプを表示します。

>> ページ先頭に戻る

 
■ メニュー

1.ファイル メニュー
ファイル メニュー

宛先ファイルの選択(A)メールの宛先一覧ファイル(Excel, CSV)を選択します。
送信禁止リストの選択(P)送信を禁止するメールアドレスの一覧ファイル(Excel, CSV)を選択します。
本文ファイルの選択(B)メールの本文ファイル(Text, HTML, Word, Excel)を選択します。
添付ファイルの選択(D)全てのメールに共通して添付するファイルを選択します。
送信ログの表示(S)メールの送信記録を表示します。
配信エラーログの表示(E)メールを送信したが、相手まで届かなかったメールアドレスを表示します。
ログファイルの出力(L)
→ 送信ログの出力(S)
送信ログを出力します。
ログファイルの出力(L)
→ 配信エラーログの出力(E)
配信エラーログを出力します。
ログファイルの出力(L)
→ FTP通信ログの出力(F)
FTP通信ログを出力します。
ログファイルの出力(L)
→ アップロードログの出力(U)
アップロードログを出力します。
ログファイルの出力(L)
→ システムエラーログの出力(A)
システムエラーログを出力します。
終了(X)一括配信を終了します。

>> ページ先頭に戻る

2.ツール メニュー
ツール メニュー

アカウントの設定(A)差出人、受信サーバー、送信サーバーを設定します。
FTPの設定(F)メール本文にWordやExcelを使う場合、関連ファイルをアップロードするサイトを設定します。
拡張設定(E)配信エラーの判定用キーワード等の設定をします。
送信内容の確認(V)メール送信の前に、個々の送信内容の確認をします。
送信開始(S)宛先ファイルで指定したメールアドレスに個別に送信します。
送信中止(C)メール送信を中止します。
受信開始(R)差出人宛てに届いたメールを受信し、配信エラーのチェックをします。
受信中止(N)差出人宛てに届いたメールの受信を中止します。
保存ファイルからのクリーニング(B)Outlook Express等で受信したメールを基に、配信エラーのチェックをします。
ライセンスキーの設定(L)製品版の一括配信にライセンスキーを設定します。
フリー版は設定不要です。

3.ヘルプ メニュー
ヘルプ メニュー

使い方(H)一括配信の使い方全般についてのヘルプファイルを表示します。
バージョン(V)一括配信のバージョン番号を表示します。

>> ページ先頭に戻る