宛先選択

宛先選択画面

宛先選択は、次の手順で行います。
※送信禁止リスト設定 (一度設定すれば保存されます) メイン画面の ファイル(F) → 送信禁止リストの選択(P)
@[選択]ボタンをクリックし、宛先ファイルを選択 (Excelファイル 又は CSVファイル)
Aシート名を選択 (Excelファイルの場合のみ)
B列の対応
・メールアドレスの列 (必須) ドロップダウンリストより選択
C送信対象の条件
D送信対象から除外する条件
E送信日時の記録 (宛先ファイルがExcelの場合に指定可)
Fアドレスクリーニング結果の記録 (宛先ファイルがExcelの場合に指定可)
G差込送信 (宛先毎にメール本文に差込処理して送信します)
H[送信対象を一括選択]ボタンをクリックすると、次の背景色になります
・黄色 : 送信対象
・灰色 : 送信対象外 (送信禁止リストに登録されているもの)
・赤色 : メールアドレスの書式エラー
I[閉じる]ボタンをクリック

■ コマンドボタン及び指定方法

この画面の説明この画面のヘルプを表示します。
宛先ファイル 宛先ファイルを選択 宛先ファイル(Excel, CSV)を選択します。
シート名宛先ファイルがExcelの場合に、シートを選択します。
宛先一覧表の列幅を自動調整宛先一覧表の列幅を自動調整します。
文字サイズを縮小文字サイズを縮小します。
文字サイズを拡大文字サイズを拡大します。
列の対応 
 ・アドレスの列メールアドレスの列を選択します。(必須)
 ・名前の列メール受信時に表示される受信者の名前の列を選択します。
指定しない場合は、メールアドレスのみが表示されます。
 ・敬称名前の列を指定した場合に、名前の後に付加する敬称を指定します。
 ・個別添付ファイルの列宛先毎に異なる添付ファイルを付ける場合に、添付ファイルのパスを
記入した列を選択します。複数のファイルを添付する場合は、パイプ(|)
で区切ります。
送信対象 
 ・全て全ての行を送信対象にする。(送信禁止リストのメールアドレスは除外)
 ・列と値で選択列の値で送信対象を選択。(送信禁止リストのメールアドレスは除外)
   送信対象を選択する列ここで指定する列で送信対象を選択する。
   値の種類上記列の値の種類を選択。(空白, 空白以外, 特定の値)
   特定の値上記で "特定の値" を選択した場合、その値を指定する。
送信対象から除外するもの 
 ・送信済みを除外する一覧表で "送信日時" を記録した列を指定する。
(指定した列に何か記録があれば、送信済みと判断します)
 ・配信エラーを除外する一覧表で "配信エラー" を記録した列を指定する。
(指定した列に何か記録があれば、配信エラー判断します)
 ・重複アドレスは除外する同一のアドレスが複数ある場合は、最初の1件のみを対象とし
2件目以降は送信対象から除外します
送信日時を記録する宛先ファイルがExcelの場合に指定できます。
ここで指定した列に宛先毎に送信日時を記録します
アドレスクリーニングの結果
を記録する
宛先ファイルがExcelの場合に指定できます。
メールの送信はできたが、相手先まで配達されなかったメールについて、エラーメールの日時を記録します
差込送信を行う差込送信を行う場合は、一覧表の列名をメール本文に "[ ]" で囲んで指定する。
例えば、一覧の列名の 名前 を差込む場合は、メール本文に "[名前]" と指定する。
(注: メール本文がWordの場合、半角英数字の列名のみ対応します)
送信対象を上記条件でまとめて選択送信対象を上記条件でまとめて選択します。クリックすると、次の背景色になります
  黄色 : 送信対象
  灰色 : 送信対象外 (送信禁止リストに登録されているもの)
  赤色 : メールアドレスの書式エラー
選択部分のメールアドレスのエラーチェック選択部分のメールアドレスのエラーチェックを行います。
エラーのメールアドレスを表示書式エラーのメールアドレス一覧を別画面に表示します。
閉じるこの画面を閉じる。


※ Excel 2007 がインストールされていない状態で、宛先リストに Excel2007ファイル(拡張子 .xlsx)を使う方法
32ビットOSの場合は、ACE.OLEDB.12.0 をインストール願います。
2007 Office system ドライバ: データ接続コンポーネント (AccessDatabseEngine)
64ビットOSの場合は、Excel 2007 または Excel 2010 が必須です。

>> ページ先頭に戻る