はじめに

「一括配信 Ver 2.5」をご利用頂きありがとうございます。
このソフトは、多くの宛先に一括してメールを送信する専用ソフトです。
画面イメージ 特 徴
・Excelに入れたメールアドレス宛てに1通づつ個別に送信
・メール本文は テキスト・Word・Excel・HTML に対応
・メールの件名や本文に、相手の名前等を個別に差し込める
・配信エラーとなったメールアドレスを自動記録
画面イメージは、こちらを参照してください。
[製品版のライセンス]  製品版のライセンスキーは、弊社または、株式会社ベクターでご購入願います。
http://www.sysco-net.com/
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se418949.html
なお、Ver 1.* をご購入頂いたお客様は、無償で Ver 2.* に更新できます。ライセンスキーはご購入いただいた旧バージョンのキーをご使用頂けます。

[フリー版の制限事項]  フリー版はライセンスキーは不要ですが、1日当りの送信件数が合計が300件に制限されます。
なお、日付はインターネット上の日付情報を参照しています。

[ご注意]  ご利用に際しては、総務省の「迷惑メール関係施策」を遵守してご利用願います。
総務省のサイト http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/top/m_mail.html

特徴の詳細

■一括配信 (送信禁止リスト対応)
一括送信 ExcelやCSVの宛先リストを元に一括配信することができます。このリストのメールアドレス毎に1通ずつ個別に送信します。なお、一度に送信できるのは、1万件が目安です。なお、Excelの場合は、最大でも6万件です。
送信に要する時間は、1例として、テキストメール(日本語 1000文字)を2,500の宛先に送信し、配信エラーが500件の場合、約15分かかります。なお、この所要時間は、インターネットの環境、送信サーバー・受信サーバーの状態及び使用するパソコンにより異なります。
Ver2.0より送信禁止リストに対応しています。送信禁止のメールアドレスは、送信対象から自動で除外されます。

■簡易HTMLメール
簡単HTMLメール テキストメールやHTMLメールに加えて、Ver 2.0から簡易HTMLメールが送信できるようになりました。WordやExcelで作成した文書を、デザインや画像をそのままにHTMLメールに変換して送ります。なお、この機能を使う際は、FTPサイトが必要です。
カラフルでインパクトのあるメールを簡単に作成
・文字のフォント種類、サイズ、色も自由に設定
・画像、ワードアート、イラストを文書に入れられる

■差込みメール
差込みメール メールの件名や本文には、差込み処理をすることができます。これにより、1通毎にお客様の名前等を入れたメールを送信できます。例えば、メール件名を  [名前]さんへのお知らせ  としておくと、1通づつ
相田さんへのお知らせ
井上さんへのお知らせ
上田さんへのお知らせ
 というメールが作成され、それぞれの宛先に送信されます。
※ メール本文に Word を使う場合、差し込み部分の項目名は半角英数字にしてください。(例 : [NAME]

■アドレス・クリーニング
アドレス・クリーニング 配信先のメールアドレスの変更等により配信エラーとなるメールアドレスが徐々に増えてきます。エラーとなったメールアドレスが自動的に抽出され、配信エラーログに記録されます。宛先リストをExcelで作成している場合、配信エラーのメールアドレスをExcel に自動で記録しますので、アドレスのメンテナンスが容易になります。また、配信エラーとなった宛先には、次回から送信しないようにすることもできます。

■送信記録
送信記録 一通送信する毎に送信ログに記録します。また、宛先リストをExcelで作成している場合、送信日時をExcelに自動で記録させることも出来ます。

■重複アドレス除外
重複除外 宛先リストには、同じメールアドレスが重複していることもあります。重複に関係なく送信することも、重複を除外して送信することもできます。

■宛先絞込み
グループ選択 宛先リストにグループを登録していれば、特定のグループを選択して配信することができます。会員の趣味や嗜好、また、地域・年代等のグループを作成しておけば、そのグループを対象としてメールを送信することができます。

■送信内容の事前確認
内容確認 差込み処理したメールやHTMLメールの場合に、事前に送信されるメールの内容を1通ずつ確認することができます。また、宛先リストにテスト用メールアドレスを入れて、このアドレスのみに先に送信することで、送信される実際のメール内容を確認することができます。

■更新履歴

Ver 2.5 不具合修正
空行の障害対応 ・メール本文の空行が、受信すると削除される問題を修正しました。

Ver 2.4 不具合修正
簡易HTMLの書式改善 ・Word/Excelの簡易HTMLメールで、受信したメール本文の書式が崩れる問題を修正しました。
・OLEDBを使用しない場合、Excelの列名にハイフォン( - )を含んでいると配信エラーの記録ができない問題を修正しました。
・メール本文がHTML5ファイルの時、文字化けする問題を修正しました。

Ver 2.3 新機能・不具合修正
Windows 8 対応 ・Windows 8 & .NET Framework 4.5 で日本語のメールタイトルが文字化けする問題を修正しました。
・アカウント設定情報、FTP設定情報をバックアップ・復元する機能を追加しました。
・起動時に前回使用した 「宛先ファイル」、「本文ファイル」 を自動的に読み込みます。
・メール本文がHTMLファイルの時、Shift JIS 以外の文字コードにも対応しました。対応文字コード Shift JIS、utf-8、euc-jp、iso-2022-jp (JIS)
・Word 2007 以降がインストールされている場合、Wordのメール本文はコンパクト化されたHTMLに自動変換します。
・配信エラーの判定用キーワードを更新しました。
・FTPのテスト用サイトを変更しました。
・SMTPサーバーの設定で、サブミッション・ポート 587 の設定ボタンを追加しました。

Ver 2.2 新機能・不具合修正
ログファイルの出力機能 ・ログファイルの出力機能を追加しました。(送信ログ、配信エラーログ、FTP通信ログ、アップロードログ、システムエラーログ)
・メールアドレスの前後に半角空白があった場合、アドレス書式エラーとしていたのを、この空白を自動削除して送信します。
・送信禁止アドレスのファイルが無くなっていた場合、システムエラーが発生していたのを、警告を表示するように修正しました。

Ver 2.1 新機能
4つの送信サーバー ・4つの送信サーバーをサポートするようになりました。より早く使用できる送信サーバーを順次自動選択しメールを送信します。
・連続して送信エラーが発生する場合は、休止時間を自動追加し、出来るだけ送信を継続するようにしました。
・送信エラーとなったメールを、最後にもう一度、最も信頼性の高い送信サーバーを使って送信を試みるようにしました。
・64bitのWindows7やVistaに対応しました。
・操作方法をより分かり易くする為に、各画面にヘルプページを用意しました。

Ver 2.0 新機能
簡単HTML ・RFC非準拠のメールアドレス(例:一部の携帯電話にあるドットが連続したアドレス yamada..san@docoxx.ne.jp)にも送信できるようになりました。
・送信途中でエラーがあった場合、メールホストが実在するか確認を行い不要なリトライを行いません。
・WordメールやExcelメールでは、FTPサイトに画像データ等を配置します。このFTPサイトに配置されたデータの参照や削除する管理ツールを組み込みました。

Ver 1.3 新機能
エコドライブ ・送信途中でエラーがあった場合、継続するか終了するか事前に指定できるようになりました。また、送受信時のCPU使用率を従来の半分程度に削減しています。
・宛先一覧表等の列幅を自動調整するか否か指定できるようになりました。行数の多い表を使用する際、自動調整をオフにすることで、操作スピードが速くなります。

Ver 1.2 不具合修正
不具合修正 ・SMTP認証での送信サーバーとの接続テスト時の不具合を修正
・不適当な宛先メールアドレスで送信停止になる不具合を修正
・Excelファイルの読込みで数字と文字が混在した列での不具合を修正
・Excelファイルで取り込めないシート名がある不具合を修正
  >>> 詳細は、こちらを参照してください。

Ver 1.1 新機能
操作性アップ バージョン 1.1 では、より使い易くなりました。宛先一覧や送信記録一覧を参照する画面では、文字サイズを大きくしてご覧頂けます。また、送信サーバや受信サーバの設定画面で、実際に接続できるかテストすることができます。さらに、主要画面では、画面終了時の位置やサイズを保存し、次回開いた時に復元するようになりました。
また、Excelファイルへの送信記録や配信エラー記録の処理性能が、2倍〜数10倍に向上しました。この性能アップは、Excelの宛先リストが大きい程より効果的になっています。

パソコンの動作環境

OS Microsoft ® Windows XP (SP3) [32bit]
Microsoft ® Windows Vista [32bit / 64bit]
Microsoft ® Windows 7 [32bit / 64bit]
Microsoft ® Windows 8 [32bit / 64bit] (デスクトップ・アプリ)
ブラウザ Microsoft ® internetExplorer 7.0 以降
.NET Microsoft ® .NET Framework 4 Client Profile または
Microsoft ® .NET Framework 4.5
Office Office 2000 / 2003 / 2007 / 2010
他ソフト 32bit OS の場合: Microsoft ® Data Access Components (MDAC 2.8)
HDD 100MB 以上の空き容量 (ログの蓄積状態により増加します)
モニター 1024 X 768 ピクセル以上 / High Color 以上
入力装置 キーボード及びマウス
インターネット LAN経由でインターネットに常時接続された環境
電子メールを送受信できるプロバイダーとの契約
FTPでアップロードできるインターネット上のサイト (Wordメール, Excelメールを行う場合、必要)


作成
有限会社シスコネット
〒216-0003 神奈川県川崎市宮前区有馬8-25-5-103
問合せ先  http://www.sysco-net.com/
info@sysco-net.com