使い方(基本編 Excelメール)

Excelで作成したのメール本文を、Excelの宛先リストを元に一括配信する方法です。
なお、事前にアカウントの設定とFTPの設定をしておいてください。 (参照 -> アカウントの設定、FTPの設定)

全体の流れ
宛先リストの作成
メール本文(Excel)の作成
メールの送信

 
■宛先リストの作成
(参照 -> 基本編 テキストメール 宛先リストの作成)

 
■メール本文(Excel)の作成

1.Excelでメールの本文を作成します。
※差込み処理をする場合は、宛先リストの列名を半角の [ ] で囲んで指定します。
※文字の色やサイズを変更したり、写真やイラスト等を入れることができます。
Excelメール本文の設定

2.本文が出来たら、名前を付けて保存して下さい。

※ Excelメール 作成のポイント 参照 -> ポイント (Excel メール)

>> ページ先頭に戻る

 
■メールの送信
 
1.宛先の選択
(参照 -> 基本編 テキストメール [宛先]をクリック)

2.メールの本文を指定する。
※Excelが起動していれば、全て終了しておいて下さい。

@本文をクリックし、Excel文書を選択する。
本文を選択

Aメール件名の設定と本文のシートを選択し、[OK] をクリックする。
※Excelが一瞬起動します。
メールの件名

B自動的にHTMLに変換され、関連ファイルがFTPサイトにアップロードされます。(この処理には、しばらく時間がかかります)
アップロード

Cアップロード完了後、HTMLに変換されたメール本文が表示されます。
メール本文
 
3.送信内容を確認する。
@送信内容をクリックする。
送信内容の確認

A差込み指定があれば、編集後の内容が表示されます。
※ 文章が一部隠れて、表示されない場合があります。この場合は、Excelでセルの列幅拡大やセル結合等を行い、再アップロードして内容確認をしてください。
送信内容の確認

4.送信する。
@送信をクリックする。
送信

※ 一括配信を最初に使用した時、ウィルス対策ソフトによって接続確認がなされる場合があります。
 この場合は、接続の許可をして下さい。
接続確認

A送信され、送信完了後にアドレスクリーニングがされる。
送信

>> ページ先頭に戻る