応用編: 受信済みのメールを元にアドレスクリーニング

Outlook Express の標準形式(eml形式)で保存したメールを元にアドレスクリーニングを行うことができます。
なお、事前にアカウントの設定をしておいてください。 アカウントの設定方法

手順
1.Outlook Expressからメールをフォルダーにドロップ
2.メニューから「保存ファイルからのクリーニング」
3.クリーニング実行
 
1.Outlook Expressからメールをフォルダーにドロップ
※ドロップ先のフォルダーは、任意に作成してください。
※配信エラーの通知メールだけでなく、通常のメールもまとめてドロップしてもOKです。
※メールの件名がファイル名になります。同名の件名があれば、ファイル名の最後に (順番) がついて保存されます。
Outlook Express よりドラッグして保存
 
2.ツール メニューから「保存ファイルからのクリーニング」を選びます
保存ファイルからのクリーニング
 
3.メールの保存先フォルダーを選択し、クリーニング実行
※まず、クリーニング条件を確認して下さい。
・メールの保存先フォルダーを選択する。(上記1で作成したフォルダーを指定する)
・「クリーニング実行」ボタン をクリック

※以上の操作で、メールを受信してクリーニングするのと同様に処理されます。
※メールの保存先フォルダーの eml ファイルのみが処理されます。
保存ファイルからのクリーニング