Windows 2000 で Excel が開けない

Windows 2000 で使用する場合、MDAC 2.6 以上をインストールする必要があります。

(注) 一括配信は Ver 2.0 以降のバージョンは、Windows 2000 がサポート対象外になりました。

■Excel が開けない(一括配信 Ver 1.0 の場合)
Windows 2000 のパソコンで、Excel を開こうとすと次のエラーが出る。
MDCバージョンエラー

原因: Excelファイルを扱うためのMDAC(Microsoft Data Access Compornents) のバージョンが2.6未満の為にエラーとなっています。

対策: マイクロソフトのダウンロードサイトから MDAC 2.6 以上をダウンロードし、パソコンにインストールしてください。
MDACダウンロードサイト http://www.microsoft.com/japan/msdn/data/download.aspx

参考: Windows 2000 をインストールすると、MDAC 2.5 が標準でインストールされます。SQL Server 2000 等を追加インストールしていれば、MDAC 2.6 がインストールされますので、上記のエラーは発生しません。なお、Windows XP は、MDAC 2.7 が標準でインストールされていますので、上記のエラーは発生しません。

備考: Ver 1.1 から Ver 1.3 は、一括配信のインストール時に、MDAC 2.8 がインストールされてれいない場合、自動的に MDAC 2.8 をインストールするようにしましたので、この問題は起きません。

■ダウンロードの例 (画面は 2006/12/25 の情報)

1.MDAC 2.8 の説明文中の 「こちら」 をクリック
MDCダウンロードセンター

2.「MDAC 2.8 (2.80.1022.3) のダウンロード」 をクリック
MDC 2.8

3.「ダウンロード」ボタン をクリック
MDC 2.8 ダウンロード

4.ダウンロードの確認画面で 「保存」ボタン をクリックし、保存先を指定する。
MDC 2.8 ダウンロード確認

5.ダウンロードした MDAC_TYP.EXE を実行すると、MDAC 2.8 がインストールされます。